2013年度以前の論文発表履歴&査読付論文(Archive)

※論文の一部をPDFにて公開させていただいております。ご自由にお読み下さい。尚、引用する場合はご一報ください。無断転用はご容赦ください。公開していない論文をお読みになりたい場合はこちらへてご一報ください。

 

 コレスポンデンス分析による音楽の特徴認識

  • 雑誌名・・・日本感性工学会発行「感性工学」Vol7.No.4 通号20号 【査読付論文】
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・This paper discuss about recognition of music characteristic with correspondence analysis. We have already found the music analysis system with ragh-sets .Therefore we have fixed music elements analysis system include negative image. We were able to make special the adjective needed for the analysis. We do the questionnaire survey to music major students with the special adjective that was selected. From the result of questionnaire survey,we find that is useful for us to music characteristic recognition withcorrespondence analysis. It is become clearly that music characteristic is able to explain by three axes.
  • PDF・・・コレスポンデンス分析による音楽の特徴認識査読付論文PDF

 

 ラフ集合による音楽の特徴認識 / Recognition of music characteristic with rough sets

  • 雑誌名・・・日本感性工学会研究論文集-「あいまいと感性」特集号【査読付論文】
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・This paper discusses about recognition of music characteristic with rough sets. We have already developed the system that understands the characteristic of the music with Color-image-chart. However, our system could not extract the negative image of music. We propose the characteristic recognition system of the music that is able to extract all the images with rough sets. We do the questionnaire survey to music major students. From the result of questionnaire survey,we find that is useful for us to music characteristic recognition system with rough sets.
  • PDF・・・ラフ集合による音楽の特徴認識査読付論文PDF

 

 コレスポンデンス分析による楽曲の特徴認識  

  • 主催・・・日本感性工学会~第9回日本感性工学会大会/The 9th Annual Conference of JSKE 「感性情報による価値創造」
  • 日時・・・2007年8月1日(水)、2日(木)、3日(金)
  • 会場・・・工学院大学新宿キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・音楽の特徴認識は未だに確立されていない研究テーマである。
    本論文は、コレスポンデンス分析を元に音楽の特徴認識を試みた。
    言葉と色彩の関連を明らかにしているカラーイメージチャートと形容詞イメージチャートの関連を念頭に置き、形容詞イメージチャートに使用されている形容詞及びその形容詞の反意語となる形容詞を使用してアンケート調査を試みた。その結果を元にコレスポンデンス分析を行い解析を行った。その解析を元にアンケートに使用した楽曲ごとの特徴を解析することができた。
  • PDF・・・コレスポンデンス分析による楽曲の特徴認識PDF

 

 コレスポンデンス分析による音楽の特徴認識  

  • 主催・・・日本感性工学会あいまいと感性研究部会~第20回あいまいと感性研究部会ワークショップ
  • 会場・・・工学院大学新宿キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・音楽の特徴認識は未だに確立されていない研究テーマである。
    本論文は、コレスポンデンス分析を元に音楽の特徴認識を試みた。
    言葉と色彩の関連を明らかにしているカラーイメージチャートと形容詞イメージチャートの関連を念頭に置き、形容詞イメージチャートに使用されている形容詞及びその形容詞の反意語となる形容詞を使用してアンケート調査を試みた。その結果を元にコレスポンデンス分析を行い解析を行った。まだ前提的ではあるが音楽専用特徴認識が可能な新しい形容詞のイメージチャートを作成することができた。
  • PDF・・・コレスポンデンス分析による音楽の特徴認識PDF

 

 ラフ集合による音楽の特徴認識 

  • 主催・・・日本感性工学会あいまいと感性研究部会~第17回あいまいと感性研究部会ワークショップ
  • 日時・・・2006年6月24日
  • 会場・・・玉川大学工学部
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・音楽の特徴認識は、今後楽曲のダウンロードの発展に伴い、非常にも求められている。
    本論文は従来著者らが開発してきたカラーイメージチャートを端緒とした音楽の特徴認識法をラフ集合理論を使って更に発展させるためものである。
  • PDF・・・ラフ集合による音楽の特徴認識PDF

 

 調性イメージと色彩イメージの感性的対応に関する研究  【博士学位論文】

  • 提出先・・・工学院大学大学院工学研究科情報学専攻
  • 著者名・・・山脇一宏
  • 要約のみ公開しています。論文本文をお読みになりたい場合は、こちらへ連絡をください。
  • PDF・・・山脇一宏_博論要約PDF

 

 Synesthesia and Common Recognition Concerning Music and Color

  • 雑誌名・・・Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers~JSCE ,Part I, Journal of Systems and Control Engineering【海外雑誌・査読付き論文】
  • 著者名・・・Kazuhiro Yamawaki and Hisao Shiizuka
  • 要旨・・・This paper discusses common recognition of music and color from the view points of synesthesia. Especially, focus is placed to colored hearing synesthesia.
    Colored hearing synesthetes experience a crossing of senses where a brain recognizes music aurally as color.
    An experiment, in the format of questionnaires, was conducted that subjects were required to listen to music and select a representative color for the music.
    The analysis of the questionnaires obtained the following results: it suggested that synesthesia exists at a subconscious level in human beings and that synesthesia is caused by influences of common recognition of music and color associations.

 

 絶対音感と色聴感覚 / Perfect Pitch and Color-Heard-Sense

  • 主催・・・人工知能基本問題研究会(SIG-FPA)~第58回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI58)
  • 日時・・・2005年3月3日(木)・4日(金)
  • 会場・・・中央大学理工学部(東京都・文京区)
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・This paper discusses about the perfect pitch ability and Color-heard-sense. We do the questionnaire survey that listens to music and answered the color image. From the analysis of the questionnaire survey, two results are shown. It is suggested that the human beings have the color-heard-sense. We could not find relation between Solfege ability and color-heard-sense.
  • PDF:絶対音感と色聴感覚PDF

 

 楽曲のリコメンドシステムに必要な音楽パラメータ / Music parameter needed for music redommendation system

  • 主催・・・日本感性工学会~日本感性工学会春季大会
  • 日時・・・2004年6月2日(水)~5日(土)
  • 会場・・・信州大学繊維学部
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・楽曲のジャンル・形態・演奏時間等に影響されない,楽曲の音楽的な特徴を抽出するパラメータの策定を行う.
  • PDF:曲のリコメンドシステムに必要な音楽パラメータPDF

 

 音感と色聴感覚 / Solfege ability and Color-Heard-Sense

  • 雑誌名・・・日本感性工学会感性工学研究論文集~第5巻3号(通号011号)pp.31-39【査読付き論文】
  • 日時・・・2005年5月
  • 会場・・・北九州学術研究都市 早稲田大学大学院キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・This paper discusses about the relevancy of Solfege ability and Color-heard-sense. We do the questionnaire survey that listens to music and answered the color image. We analyze tonality recognition with questionnaire survey of the music major students and students except for the music major. We use method of the feature extraction of the music according to the adjective image chart, because it is superior than the feature extraction of the music by the factor analysis. From the analysis of the questionnaire survey, two results are shown. It is suggested that the human beings have the synesthesia subconsciously. It is shown that the synesthesia is caused by an influence on the common recognition of music and color.

 

 音楽と色彩の協調的特徴抽出について/ Cooperative characteristic extraction of music and color

  • 雑誌名・・・日本知性情報ファジイ学会誌~Vol.17、No.5、pp.615-621【査読付き論文】
  • 日時・・・2005年10月
  • 会場・・・北九州学術研究都市 早稲田大学大学院キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・共感覚保持者,とりわけ音と色彩に関する共感覚保持者(色聴保持者)の存在については,メシアン,スクリャービンの例が有名であるが,そのような色聴保持者の報告から音楽と色彩の協調的な関係の存在が想起される.
    著者らは,音と色彩の協調的な関係に注目し全く新しい音楽の特徴認識のシステムを提案する.
    カラーイメージスケールにおいてイメージの分析に使われている形容詞イメージチャートを参考に音楽の特徴を抽出する方法を開発し,その有用性を音楽専攻の大学生らに対するアンケート調査によって検証する.
    検証の結果,音楽の気分に関する特徴の抽出が可能であることが判明した.
    このような協調的な特徴の抽出により,共感覚および共通認識に関する様々な議論に一つの実証を与えることもできた.

 

 音楽経験のレベルによる調認識の差異について / Difference of tonarity recognition depend on level of music experience

  • 主催・・・日本ファジイ学会~第20回ファジィシステムシンポジウム
  • 日時・・・2004年6月2日(水)~5日(土)
  • 会場・・・北九州学術研究都市 早稲田大学大学院キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・This paper discusses the recognition of tonality in music which causes it from the level of a musical experience. We do the questionnaire survey in the recognition of tonality, for two groups of students, the first is general student who doesn’t major in music and second is student who majors in music. It is clarified that in these two student groups, there is a marked difference for recognition. Moreover, it is clarified that the student who majored in music felt the difference of a detailed image for the recognition of tonality.
  • PDF:音楽経験のレベルによる調認識の差異PDF

 

 絶対音感保持者の色聴感覚 / Color-Heard-Sense of an absolute pitch holder

  • 主催・・・日本感性工学会~第6回日本感性工学会大会
  • 日時・・・2004年9月9日
  • 会場・・・工学院大学新宿キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・本研究は,著者らが開発した色彩との関連性も解明できる独自の音楽における特徴認識システムを用いて,絶対音感保持者の色聴感覚について解明する.
  • PDF:絶対音感保持者の色聴感覚PDF

 

 Correlation of Music Recognition Level and Tonarity Recognition

  • 主催・・・SCIS & ISIS2004(略称)~Joint 2nd International Conference Soft Computing and Intelligent Systems and 5th International Symposium on Advanced Intelligent Systems 【国際学会・論文発表】
  • 日時・・・2004年9月21~24日
  • 会場・・・慶応大学日吉キャンパス
  • 著者名・・・Kazuhiro Yamawaki and Hisao Shiizuka
  • 要旨・・・This paper discusses correlation of the music recognition level and tonality recognition. We analyze tonality recognition with questionnaire survey of the music major students and students except for the music major. We use method of the feature extraction of the music according to the adjective image chart, because it is superior than the feature extraction of the music by the factor analysis. It is shown that the music major students and the students except for the music major show the almost same reaction for the correlation between music and color.
  • PDF:Correlation of Music Recognition LevelPDF

 

 Correlation of Synethesia and Comomm Recognition Cocerning Music and Color

  • 主催・・・SCIS & ISIS2004(略称)~International Conference on Systems, Man and Cybernetics 【国際学会・論文発表】
  • 日時・・・2004年10月10~13日
  • 会場・・・Nederlands Congress Centrum,Den Haag,Holland(オランダハーグ国際会議場)
  • 著者名・・・Kazuhiro Yamawaki and Hisao Shiizuka
  • 要旨・・・This paper diususes that a common recognition concerning music and color from a report on the synesthesia, especially color-heard-persons. They have the interminglement phenomenon of the sense that recognizes the image of music and color in the brain. Concretely, we did the questionnaire survey that listens to music and answered the color image. From the analysis of the questionnaire survey, two results are shown. It is suggested that the human beings have the synesthesia subconsciously. It is shown that the synesthesia is caused by an influence on the common recognition of music and color.
  • PDF:Correlation of Synethesia and Comomm RecognitionPDF

 

音感と色聴感覚  / Solfege ability and Color-Heard-Sense

  • 主催・・・日本感性工学会 2004「エンタテインメント感性」ワークショップ
  • 日時・・・2004年12月4日(土)
  • 会場・・・工学院大学新宿キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・This paper discusses about the relevancy of Solfege ability and Color-heard-sense. We do the questionnaire survey that listens to music and answered the color image. We analyze tonality recognition with questionnaire survey of the music major students and students except for the music major. We use method of the feature extraction of the music according to the adjective image chart, because it is superior than the feature extraction of the music by the factor analysis. From the analysis of the questionnaire survey, two results are shown. It is suggested that the human beings have the synesthesia subconsciously. It is shown that the synesthesia is caused by an influence on the common recognition of music and color.
  • PDF:音感と色聴感覚PDF

音楽専用形容詞イメージチャート作成の可能性  / Possibility of the adjective imge chart creation only for music

  • 主催・・・日本ファジイ学会~第19回ファジイシステムシンポジウム
  • 日時・・・2003年9月8~10日
  • 会場・・・大阪府立大学
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・音楽の特徴抽出において、従来形容詞によるイメージ把握がなされてきた。本研究は、その形容詞をマッピングしたイメージチャートを作成することにより、音楽の特徴抽出における新しい手法を探るものである。カラーイメージスケールを用いて行った音楽の色彩の感性的対応についての先行研究によって得られた結果を元に音楽専用の形容詞イメージチャートを作成して、音楽大学の学生等へのアンケートによってその有用性を確認する。
  • PDF:音楽専用形容詞イメージチャート作成の可能性PDF

 Individual Difference on Feature Recognition of Music

  • 主催・・・6th Asian Design Conference/第6回アジア デザイン カンファレンス 【国際学会・論文発表】
  • 日時・・・2003年10月17日
  • 会場・・・Tsukuba International Congress Center (つくば国際会議場)
  • 著者名・・・Kazuhiro Yamawaki and Hisao Shiizuka
  • 要旨・・・This paper discusses individual differences on feature recognition of the music with experience in the this field. We analyze feature recognition of the music with questionnaire survey of the music major students and students except for the music major. In questionnaire survey, we take care of musical element of music samples. We use the feature extraction of the music according to the adjective image chart, because it is superior than the feature extraction of the music by the factor analysis. It is shown that the music major students have more concentrate response than students except for the music major. Then, it is concluded that we can make a questionnaire survey only the musician, when we analyze the feature extraction of the music, so that it is the considerable factor that musician’s response is represented of a human’s response for the music.
  • PDF:6thadc_PDF

音楽評価における共感覚と共通認識 / About the difference of synthesea and common regnition in music evaluation

  • 主催・・・日本感性工学会~第11回あいまいと感性研究部会
  • 日時・・・2003年12月4日
  • 会場・・・工学院大学新宿キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・本研究は共感覚と共通認識,音感の違いによる感性的対応の変化についての検証をする.
  • PDF:音楽評価における共感覚と共通認識PDF

音楽とカラーイメージの感性的対応について / Kansei Correspondence between music and color

  • 主催・・・日本感性工学会~第9回あいまいと感性研究部会
  • 日時・・・2002年9月21日(土)
  • 会場・・・工学院大学新宿キャンパス
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・人は音楽も色も同じ様に感覚的に捉えている。従来、音楽の感性的分類において、形容詞による分類は研究されているが、音楽とカラーイメージ[1]との感性的対応についての考察はなされていなかった。本稿では、音楽大学の学生72名を対象としたアンケートに基づいて感性的対応に関する基礎的考察を行った結果について示す。
  • PDF:音楽とカラーイメージの感性的対応についてPDF

音楽とカラーイメージの類似性について / Similarity between music and color image scale

  • 主催・・・SIGMUS音楽情報研究会~音楽情報科学研究会第47回
  • 日時・・・2002年10月26日
  • 会場・・・北陸先端技術大学
  • 著者名・・・山脇一宏、椎塚久雄
  • 要旨・・・音楽も色彩も我々はそのイメージを言葉に置き換えて認識する。デザインの分野において、カラーイメージスケールという形容詞と色彩の結びつきを表したチャートがある。このカラーイメージスケールの音楽における活用の可能性・音楽と色彩のイメージの類似性について、音楽専攻の学生を対象に行ったアンケート調査から因子分析等を用いた考察結果について示す。
  • PDF:音楽とカラーイメージの類似性についてPDF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です