カラーイメージ分析

カラーイメージ分析にはカラーイメージチャートとカラーイメージスケールという2つの先行研究があり、実際に色彩における分析に利用されています。

カラーイメージスケール株式会社日本デザイン研究所の小林重慶氏が考案しました。以下の色彩に関する分析を行うことができます。

カラーイメージチャートは、南雲治嘉氏が考案しました。

両者とも大まかな分析手法は同じです。

形容詞と色彩の関連について因子分析を行い、評価軸を策定します。その評価軸上に各形容詞を評価値を元にプロットしたものが基本に使われています。

【言語イメージスケール】

言語イメージスケール

以上の様な研究によって色彩と形容詞イメージの間の関連性は定義づけられています

 

コメントは受け付けていません。